冷凍食品を活用したアレンジレシピ

意外と知られていない冷凍食品トラブル

冷凍食品の中には、手の込んだものもあり、これがこんなに安いの?と驚くこともしばしば。
裏面にも原産国が記載されていることは少なく、そのほとんどは海外産と推測できます。
以前、中国産のものを使った冷凍食品から有毒物質が検出され、大きな問題となって以来、中国産は警戒されていますが、近年は、日本からも中国の工場に人材を派遣して衛生管理体制を強化したり、中国側も食品衛生法を見直すなどの対策が取られ、今では中国産も安全なものが多くなってきました。
逆に、違反率から見ると、アメリカや韓国などの方が危険だと言う見方も出てきています。
冷凍食品に関わらず、国産のものは海外産のものに比べ、値段も高いため、どうしても全ての食材を国産に拘ることはなかなか難しいと言えます。
中国産が危険と決めつけず、うまく活用できれば、食に関するストレスや家計のやりくりにも役立つのではないでしょうか。

冷凍食品活用の際に気を付けたいポイント

冷凍食品には、栄養素が少ない、添加物が入っていて危険…など、まだまだ悪いイメージを持っている方も多いようですが、よくよく調べてみると、安全で栄養素もあることが分かります。
しかし、だからと言って、お弁当は全て冷凍食品を使うなど、使い過ぎや食べ過ぎは栄養バランスの乱れにも繋がります。
特に、一品にもなるハンバーグ、唐揚げ、ミートボールなどの肉類には添加物も多く使用されているため、これらの使い過ぎには特に注意しましょう。
とは言え、冷凍食品は絶対食べないなどと利用方法に偏りがでることもよくありません。
そのため、冷凍食品は、補助食品としての位置づけにし、時間が無い、どうしてもあと一品が決まらない、などの時に手早く食べられ美味しい!という利点に助けてもらいましょう。
それができれば、添加物の過剰摂取の心配もなく、お弁当や夕飯も時短で節約できますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る